2019.11.21 21:16

山根明氏による強制引退を明かした鈴木 判定勝ち「東京五輪に出たい」/BOX

山根明氏による強制引退を明かした鈴木 判定勝ち「東京五輪に出たい」/BOX

特集:
東京五輪

 ボクシング男子の東京五輪予選代表選考会を兼ねた全日本選手権が21日、鹿児島県の阿久根市総合体育館で開幕し、2012年ロンドン五輪代表で、31歳の鈴木(K&Kク)が東京五輪で出場を目指すウエルター級の69キロ級1回戦で判定勝ちした。

 16年リオデジャネイロ五輪も狙っていたが、当時の日本連盟会長だった山根明氏に指導者になるため、強制的に引退させられたことを明かした。昨年、同連盟は助成金問題などが発覚し山根前会長は辞任。体制が変わったことが鈴木の復帰を後押しした。

 今年1月から本格的に練習を再開。「(山根前会長の体制時は)イエスしか言えなかった。今度は自分のために頑張ってみようと思った。東京五輪に出たい」と意欲を語った。