2019.11.21 19:10

拳四朗の12月の相手変更へ 防衛戦として実施へ/BOX

拳四朗の12月の相手変更へ 防衛戦として実施へ/BOX

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が12月23日に予定している世界戦の対戦相手が変更されることが21日、関係者の話で分かった。国際ボクシング連盟(IBF)同級王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)が体調不良で欠場を申し入れたため。

 近く代替選手が発表され、試合は2団体の王座統一戦ではなく拳四朗の防衛戦として行われる方針。アルバラードは感染症のデング熱の疑いがあるという。