2019.11.20 05:02(2/2ページ)

恒成、井岡の前でV3戦!大みそかW世界戦決定「試合に集中するだけ」/BOX

恒成、井岡の前でV3戦!大みそかW世界戦決定「試合に集中するだけ」/BOX

プロボクシング・WBO世界フライ級(リミット50.8キロ)タイトルマッチ

プロボクシング・WBO世界フライ級(リミット50.8キロ)タイトルマッチ【拡大】

 10月下旬からは初の米国合宿を行い、2週間で約20ラウンドのスパーリングを消化して「いいトレーニングが積めた」と自信を深めた。東京での試合は14年10月以来5年ぶり。大みそかも3年ぶりだが「どこでやってもやることは変わらない。いい試合をして力を見せつけたい」。偉大な先輩の前で2019年を快勝で締めくくり、新たな年への弾みとする。 (月僧正弥)

★兄はアマで

 田中の親族もこの年末は大活躍する。兄・亮明(26)=岐阜・中京学院大中京高教=は、アマチュアボクシングの2020年東京五輪代表選考に重要な全日本選手権(21-24日、鹿児島・阿久根市)に出場。いとこのフィギュアスケート女子、横井ゆは菜(19)=中京大=もグランプリシリーズ第6戦NHK杯(22-24日、札幌市)に出場する。田中は横井について「自分に厳しく頑張っているので、刺激になっている」と話した。

田中 恒成(たなか・こうせい)

 1995(平成7)年6月15日生まれ、24歳。岐阜・多治見市出身。中京高(現中京学院大中京)時代に高校4冠。2013年11月にプロデビュー。15年5月、WBO世界ミニマム級王座を日本選手最速の5戦目で獲得し、16年大みそかにWBO世界ライトフライ級王座を獲得。18年9月にWBO世界フライ級王座を奪取し、世界最速に並ぶ12戦目で3階級制覇を達成した。今年8月に2度目の防衛に成功。プロ戦績14戦14勝(8KO)。右ボクサーファイター。165センチ。

  • 田中はトロハツの写真の前でファイティングポーズ。4階級制覇へ、負けられない一戦だ(撮影・月僧正弥)