2019.11.12 05:03(1/2ページ)

関脇以上全滅 白鵬が高安が貴景勝が…栃ノ心に御嶽海まで/九州場所

関脇以上全滅 白鵬が高安が貴景勝が…栃ノ心に御嶽海まで/九州場所

特集:
白鵬
貴景勝
大関復帰の貴景勝(右)は朝乃山の上手出し投げにバタリ。上位陣総崩れも、場内は意外なほど荒れた雰囲気にはならなかった 

大関復帰の貴景勝(右)は朝乃山の上手出し投げにバタリ。上位陣総崩れも、場内は意外なほど荒れた雰囲気にはならなかった 【拡大】

 大相撲九州場所2日目(11日、福岡国際センター、観衆=6661)出場した関脇以上が総崩れの大波乱となった。一人横綱となった白鵬(34)は平幕大栄翔(26)に押し出されて初黒星を喫した。大栄翔は2つ目の金星獲得。大関陣は貴景勝(23)が新小結朝乃山(25)に屈し、かど番の高安(29)は小結阿炎(25)に押し出されて、ともに1勝1敗。成績次第で大関昇進の可能性がある関脇御嶽海(26)は小結北勝富士(27)に敗れた。

 横綱が平幕力士に力なく押し出される。白鵬に土がつく番狂わせに興じる座布団は舞わない。九州場所のます席の座布団は相互につながれ、投げ込みができないよう工夫されているが、それがまたもの悲しさを誘った。

 横綱鶴竜の休場に続き、この日、大関豪栄道も左足首を負傷して途中休場。加えて一人横綱となった白鵬、高安、貴景勝の2大関、成績次第では大関昇進の可能性がある御嶽海、栃ノ心の両関脇まで敗れる上位陣総崩れ。幕内後半戦の土俵下で審判長を務めた錦戸審判部副部長(元関脇水戸泉)は「お客さんも盛り上がっていなかったようだ。最後(結びの一番)と弓取り式は盛り上がったけど…」と嘆息した。

 審判長が肌で感じた実感に、嘘はない。「ふだんだったら(上位が負けると)『あ~あ』みたいな感じがあるけど、波乱という感じがなくて『こんなものか』って。相撲が全体的に淡泊だ」。

【続きを読む】

  • 敗れた白鵬。左後ろは大栄翔=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 敗れた高安=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 妙義龍(左)に敗れた栃ノ心=福岡国際センター
  • 敗れた御嶽海=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 朝乃山が上手出し投げで貴景勝を破る=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 大栄翔は押し出しで白鵬に勝利=福岡国際センター(加藤孝規撮影)
  • 大栄翔に敗れた白鵬=福岡国際センター(加藤孝規撮影)
  • 阿炎は押し出しで高安に勝利=福岡国際センター(加藤孝規撮影)
  • 妙義龍は引き落としで栃ノ心に勝利=福岡国際センター(加藤孝規撮影)
  • 北勝富士は突き落としで御嶽海に勝利=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 琴勇輝に敗れ右膝を痛めた友風=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)
  • 炎鵬は引き落としで竜電に勝利=福岡国際センター(撮影・加藤孝規)