2019.11.12 05:02(1/2ページ)

ギリシャ国内聖火リレーに野口みずきさん、野村忠宏さん、吉田沙保里さん起用

ギリシャ国内聖火リレーに野口みずきさん、野村忠宏さん、吉田沙保里さん起用

特集:
吉田沙保里
聖火リレーの発表会に臨む(左から)五輪組織委の森会長、EXILEのHIROさん、野口さん、野村さん

聖火リレーの発表会に臨む(左から)五輪組織委の森会長、EXILEのHIROさん、野口さん、野村さん【拡大】

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、五輪の日本人最初の聖火ランナーに04年アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずきさん(41)を起用すると発表した。来年3月12日のギリシャ・オリンピアでの採火式後、同国内で行われるリレーで全体2番目の走者を務める。柔道男子で五輪3連覇の野村忠宏さん(44)、レスリング女子で五輪3大会連続金メダルの吉田沙保里さん(37)もランナーに選ばれた。

 大役を任された野口さん。東京五輪の聖火リレーで日本人最初のランナーは声を弾ませた。

 「終わったと思っていた物語にまだ続きがあるような感じで、感激で胸がいっぱいだった」

 力強い腕の振りと大きなストライドで、炎熱のコースを駆け抜けた2004年アテネ五輪の女子マラソン。近代五輪発祥の地、ギリシャとの縁がある金メダリストとして、当初から最有力候補と目されていた。

 ギリシャの地を踏むのは「本当に暑かったので命がけで走った」と回想する五輪以来、約16年ぶり。当時は月間走行距離が最高で1370キロだった。「今は全然走っていない」と謙遜したが「1カ月200キロいくか、いかないか」と続けて周囲を驚かせた。

【続きを読む】

  • 東京五輪の日本人最初の聖火ランナーに選ばれ、発表会で質疑に応じるアテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずきさん=11日午後、東京都中央区