2019.11.9 00:11(1/3ページ)

【一問一答】尚弥、ウバーリとの対戦“熱望”「拓真の敵討ちをしたい」

【一問一答】

尚弥、ウバーリとの対戦“熱望”「拓真の敵討ちをしたい」

WBSS制覇から一夜明け、アリ・トロフィーを前に世界地図を指さす井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)

WBSS制覇から一夜明け、アリ・トロフィーを前に世界地図を指さす井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のバンタム級決勝に勝って優勝したWBA、IBF王者の井上尚弥(26)=大橋=が8日、横浜市鶴見区の大橋ボクシングジムで一夜明け会見を行った。

 尚弥の一問一答は以下の通り。

 --今の心境は

 「やっとこのトーナメントが終わった。正直ホッとしているのと、一区切りついたなという気持ちでいっぱい」

 --疲れは

 「眠いです。一睡もできていないので。眠いんですけど、アドレナリンで寝られないという不思議な感覚。筋肉痛もきているし、ちょいちょい打たれたので、後頭部とかもちょっと痛みがあったり、今までにない体の状態」

 --心地良さは感じている

 「心地良いですね。やっと世界戦をやったというか、ボクサーになれたというか、自分の中ではこれがボクシングだと。殴り合ってこそ。楽しかった。この傷がまたうれしいというか、変な気持ち」

 --2回に左フックでドネアをぐらつかせた

 「正直あの段階では早い決着になると感じていた。ただその後にもらった左フックですべてが壊れた」

 --右目の上をカットした瞬間はどう思った

 「カットに関しては何の問題もなかった。眼球がダメージをおって、ずっとぼやけている、ドネアが2人いるような状態が最終ラウンドまで続いてしまったので、やむを得ずに左を使ったポイントアウトという作戦に切り替えるしかなかった」

 --映像で見て1回の出だしはどうだった

 「1ラウンドの出だしが良すぎたために、若干の気持ちの余裕がちょっと出たのかなというところは少しある。あそこの左フックはボディーにくると思っていたパンチが、顔面にとんできたので、そこはドネアの上手さ」

 --6回のインターバルで足をたたいていたが

 「少しの違和感。それほど試合に影響するまでのものではなかった」

 --9回の右ストレート被弾のダメージは

 「正直効きました。それを持ちこたえた一つの理由は息子の存在。効いた瞬間に、息子の顔が一瞬よぎった」

 --後半の闘いは

 「7、8、9ラウンドは少し捨てた。自分の回復と、前半のポイントの貯金があるかなと、陣営と話しながら感じていたので。残り3ラウンドはしっかりとろうという作戦だった」

 --11回のダウンは

 「幻の10カウントですか?(笑)ダウンをとれたことで最終ラウンドで少し余裕を持って闘えた。山場の一つとして見せることができてよかった」

【続きを読む】

  • WBSS制覇から一夜明け、サンケイスポーツを手前にポーズを決める井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)
  • WBSS制覇から一夜明け、アリ・トロフィーを掲げる井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)