2019.11.8 19:42

本田真凜、SP6位発進 宮原知子2位 15歳シェルバコワが首位/フィギュア

本田真凜、SP6位発進 宮原知子2位 15歳シェルバコワが首位/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
宮原知子
女子SPで6位の本田真凜=中国・重慶(共同)

女子SPで6位の本田真凜=中国・重慶(共同)【拡大】

 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯(8日、重慶)女子ショートプログラム(SP)で、今季GP初戦の宮原知子(21)=関大=は68・91点で2位、2016年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(18)=JAL=は61・73点で6位につけた。第1戦のスケートアメリカを制したアンナ・シェルバコワ(15)=ロシア=は73・51点で首位に立った。

 宮原は冒頭のルッツ-トーループの2連続3回転、続くダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、後半の3回転ループを無難に決め、「ミス・パーフェクト」の名にふさわしい演技を披露した。

 6位に終わったスケートカナダの開幕直前に交通事故に遭った真凜は帰国後、厄払いのため地元京都の神社を訪れた。スケートカナダで右脚に着けていたサポーターも外せるほどに回復。18歳の人気スケーターが、新たなスタートを切った。

冒頭のループ-トーループの2連続3回転は着氷したが、続く3回転フリップで転倒。後半の2回転半を決め、演技後はホッとした表情を浮かべた。

  • 女子SPで2位の宮原知子=中国・重慶(共同)