2019.11.8 15:55

尚弥、流血した右目上は「綺麗に縫い終わる事が出来ました!!」/WBSS

尚弥、流血した右目上は「綺麗に縫い終わる事が出来ました!!」/WBSS

WBSS制覇から一夜明け、アリ・トロフィーを前に世界地図を指さす井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)

WBSS制覇から一夜明け、アリ・トロフィーを前に世界地図を指さす井上尚弥=横浜市(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ちして優勝。キャリア20年の5階級制覇王者を下し、同級の頂点に立った。井上尚は右目上から流血するなど苦しめられたが、11回に左ボディーでダウンを奪い、3年半ぶりに最終12回までもつれた死闘を制した。

 尚弥は激闘から一夜明けた8日、ツイッターを更新。「パックリ割れた傷も素早く応急処置をして頂いたおかげで綺麗に縫い終わる事が出来ました!!」と報告し、「こんなアクシデントもあるのがボクシング。何が起こるかわからないから楽しい。ボクシングは奥が深いね」と感慨深げだった。