2019.11.8 14:49

トップランク社「怪物が米国に上陸する」/WBSS

トップランク社「怪物が米国に上陸する」/WBSS

試合後トップランク社と契約をしたことを発表しトッド・ドゥーバース社長と握手する井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)

試合後トップランク社と契約をしたことを発表しトッド・ドゥーバース社長と握手する井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)【拡大】

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ちして優勝。キャリア20年の5階級制覇王者を下し、同級の頂点に立った。井上尚は右目上から流血するなど苦しめられたが、11回に左ボディーでダウンを奪い、3年半ぶりに最終12回までもつれた死闘を制した。

 試合後には米国の超一流プロモート会社、トップランク社が尚弥との複数年契約締結を発表。今後、米国で2試合開催すると明らかにした。同社の公式ツイッターは「怪物が米国に上陸する」と伝え、「パウンド・フォー・パウンドの井上がトップランクのプロモートで、2020年に米国で複数の試合を行う」と紹介した。