2019.11.8 12:19

内山高志氏、尚弥-ドネアは「お互いに真剣で斬り合うような感じ」/WBSS

内山高志氏、尚弥-ドネアは「お互いに真剣で斬り合うような感じ」/WBSS

6R、攻める井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)

6R、攻める井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)【拡大】

 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝(7日、さいたまスーパーアリーナ)WBA、IBF世界王者の井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=に3-0で判定勝ちして優勝。キャリア20年の5階級制覇王者を下し、同級の頂点に立った。井上尚は右目上から流血するなど苦しめられたが、11回に左ボディーでダウンを奪い、3年半ぶりに最終12回までもつれた死闘を制した。

 元WBA世界Sフェザー級王者の内山高志氏(39)はインスタグラムで「井上尚弥 VSノニト・ドネア 緊張感あり過ぎる、素晴らしい試合でした」と絶賛。「こんな緊張感ある試合、中々見れないね。 お互いに真剣で斬り合うような感じの試合! 一流同士の試合は素晴らしい!」と両者をたたえた。

  • 9Rパンチを受ける井上尚弥(左)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)
  • 11R、ダウンを奪う井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)