2019.11.8 05:03(1/2ページ)

【WBSS制覇一問一答】尚弥、「2R目」から右目使えず作戦切り替え耐えきった

【WBSS制覇一問一答】

尚弥、「2R目」から右目使えず作戦切り替え耐えきった

試合で使ったグローブをはめた息子の明波くんを抱きかかえる尚弥。闘いを終え、パパの顔に戻った(撮影・今野顕)

試合で使ったグローブをはめた息子の明波くんを抱きかかえる尚弥。闘いを終え、パパの顔に戻った(撮影・今野顕)【拡大】

 プロボクシング・ダブル世界戦(7日、さいたまスーパーアリーナ)ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝を制した井上尚弥(26)=大橋=は試合後、ホッとしたような表情で激戦を振り返った。WBC世界同級王座統一戦は暫定王者で尚弥の弟、井上拓真(23)=大橋=が正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に0-3の判定で敗れ、「兄弟ダブル勝利」はならなかった。

 --試合を振り返って

 「試合前から言っていた世代交代は結果的にはできたかと思うが、皆さんの期待通りの試合は全然できなかった。でも、これがボクシング。甘い世界じゃないということが、きょうの試合を通して分かった。この経験をいかして次戦から頑張っていきたい。ドネア選手とWBSS決勝を闘えたことは、自分のキャリアで一番の経験。結果が出せてよかった」

【続きを読む】

  • 井上尚弥・プロ全成績
  • プロボクシング・WBSSバンタム級トーナメント
  • プロボクシング・日本ジム所属の現役男子世界王者