2019.11.8 01:09

井上尚弥、米興行大手トップランク社と複数年契約 今後2試合は米国で予定

井上尚弥、米興行大手トップランク社と複数年契約 今後2試合は米国で予定

試合後トップランク社と契約をしたことを発表しトッド・ドゥーバース社長と握手する井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)

試合後トップランク社と契約をしたことを発表しトッド・ドゥーバース社長と握手する井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)【拡大】

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の26歳、井上尚弥(大橋)がWBA同級スーパー王者で36歳のノニト・ドネア(フィリピン)を3-0の判定で下し優勝した。

 米興行大手トップランク社は井上尚と複数年の契約を結んだと発表した。今後2試合は米国での試合を予定しているという。

 来日した関係者は「とても素晴らしい選手。米国で素晴らしい環境に恵まれるでしょう」と絶賛。記者会見に同席した井上尚は「この契約がどういうものか覚悟している。来年からまた厳しい闘いが待っている」と決意を示した。