2019.11.7 23:11

ドネア「尚弥が真のチャンピオン」 井上尚弥「めちゃくちゃ強かった」 激闘の両者、互いをたたえる/WBSS

ドネア「尚弥が真のチャンピオン」 井上尚弥「めちゃくちゃ強かった」 激闘の両者、互いをたたえる/WBSS

WBSS優勝し、アリトロフィーを掲げる井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)

WBSS優勝し、アリトロフィーを掲げる井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)【拡大】

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が7日、さいたまスーパーアリーナで行われ、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級決勝で世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)王者の26歳、井上尚弥(大橋)がWBA同級スーパー王者で36歳のノニト・ドネア(フィリピン)を3-0の判定で下し優勝した。

 戦績は尚弥が19戦全勝(16KO)、ドネアは46戦40勝(26KO)6敗となった。

井上尚弥の話「ドネア選手がめちゃくちゃ強かった。(右目上を切った)2回から最後までぼやけていた。世代交代といえる内容ではなかった。これが今の実力。1年間闘って、優勝できたことは満足している」

ノニト・ドネアの話「尚弥が真のチャンピオンであると証明した試合だ。今まで闘ってきた中で、自分のパンチをあれだけ耐えられる選手はいなかった。率直におめでとうと言いたい」

井上兄弟の父、井上真吾トレーナーの話「(尚弥は)ひやひやというか、いい意味で初心に戻れる試合。挽回するところはすごいなと思った。気持ちを引き締めて挑戦していきたい」

  • 判定勝利の井上尚弥(右)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)
  • 11R、ダウンを奪う井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 勝利しモハメド・アリ・トロフィーを掲げる井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)
  • 9Rパンチを受ける井上尚弥(左)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)
  • 6R、攻める井上尚弥(右)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)
  • 6R、攻める井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)
  • 5R攻める井上尚弥(右)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・山田俊介)
  • 1R攻める井上尚弥(左)=さいたまスーパーアリーナ(撮影・今野顕)
  • 2R、打ち合う井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)