2019.11.1 05:04(1/2ページ)

混迷五輪マラソン!「東京→札幌」変更に続き大会史上初、男女同日開催プラン

混迷五輪マラソン!「東京→札幌」変更に続き大会史上初、男女同日開催プラン

9月のMGCで先頭を走る前田。花形の男女マラソンが同日開催される可能性が浮上した

9月のMGCで先頭を走る前田。花形の男女マラソンが同日開催される可能性が浮上した【拡大】

 国際オリンピック委員会(IOC)が2020年東京五輪のマラソンと競歩の開催地を札幌に変更する計画に関し、男女のマラソンを五輪では初となる同日に開催する案を国際陸上競技連盟が検討していることが31日、分かった。競歩を含めた計5種目を3日間で実施する2つの案があり、国際陸連は各国・地域の連盟に、どちらの案を望むかを31日中に回答するよう求めたが、日本陸連は同日に送付した質問状に具体的な答えがなかったため、選択しないと返答した。

 IOCが明らかにした東京五輪のマラソン、競歩の札幌開催案に続き、今度はマラソンの男女同日開催案が浮上した。IOCがマラソン、競歩の開催地を東京から札幌に変更する計画に関し、国際陸連がマラソンの男女同日開催を検討していることが分かった。

 日本陸連によると30日夜に競歩を含めた計5種目を3日間で実施する2つの案について連絡があったという。1つは8月7日に男女20キロ競歩、8日に男子50キロ競歩。マラソンを9日に行う。

 もう一つは5種目を7月27-29日か28-30日に実施するもので、いずれもスタート時間を含めた詳細な日程は示されていない。陸上の他の種目は新国立競技場で7月31日に始まる予定で、東京と札幌に分かれて同時に競技が行われる事態を避けられる。

【続きを読む】

  • MGCを制した中村(手前)は代表に決定。五輪が近づくなか、運営面で着地点が見えない