2019.10.31 19:33

20年高校総体は7月22日から アーチェリー先行開催で

20年高校総体は7月22日から アーチェリー先行開催で

 東京五輪の影響で21府県にわたる広域開催となる来年の全国高校総合体育大会(インターハイ)が、アーチェリー(三重・松阪市)を先行開催することになったため、7月22日に始まることが31日、関係者の話で分かった。当初は柔道(神戸市)第1日の8月5日が競技の大会初日だった。

 日程はアーチェリーを2日間実施した後に間隔を開け、柔道で再開してサッカーの決勝(前橋市)がある8月25日まで連日行われる。ALSOKぐんまアリーナ(前橋市)での総合開会式は大会後半の18日にある。

 アーチェリーは8月20、21日に競技する計画だった。同時期に三重県など東海で全国中学校体育大会があり、宿泊施設をより確保しやすくするため、五輪開会式の7月24日の前に移した。