2019.10.28 05:01

川野、東京でも札幌でも自信/競歩

川野、東京でも札幌でも自信/競歩

 陸上・全日本50キロ競歩高畠大会(27日、山形・高畠町)男子は川野将虎(21)=東洋大=が今季世界最高タイムで優勝。日本陸連が定めた派遣設定記録(3時間45分0秒)を突破する3時間36分45秒の日本新記録で、2020年東京五輪代表に決まった。

 五輪の競歩の開催地は、暑さを避けるため東京から札幌への移行が確実視されている。川野は「涼しい方が歩きやすいけど、暑くても他の選手よりは対応できる」と自信を示した。日本代表は近年、夏に北海道千歳市で合宿を行っている。この日のレースを見守った日本陸連の今村文男五輪強化コーチは「コースがどこになるかで(直前の)調整の場を考えたい」と話した。