2019.10.23 05:00

陸上女子のフラナガン引退

陸上女子のフラナガン引退

 2008年北京五輪の陸上女子1万メートル銀メダリストの38歳、シャレーン・フラナガン(米国)が現役引退を表明したと、CNN電子版などが21日に報じた。04年アテネ大会から4大会連続で五輪に出場。北京大会では1万メートルで3位に入り、9年後に2位だった選手がドーピング検査で陽性反応を示し失格となったため、順位が繰り上がった。