2019.10.15 05:03(1/4ページ)

国学院大、3大駅伝初V 青学大に駒大…平成の王者を一蹴!令和の新王者だ/出雲駅伝

国学院大、3大駅伝初V 青学大に駒大…平成の王者を一蹴!令和の新王者だ/出雲駅伝

逆転で初優勝を果たし、胴上げされる国学院大アンカーの土方。新時代の幕開けだ

逆転で初優勝を果たし、胴上げされる国学院大アンカーの土方。新時代の幕開けだ【拡大】

 第31回出雲全日本大学選抜駅伝(14日、島根・出雲大社正面鳥居前-出雲ドーム前=6区間45・1キロ)大学3大駅伝の開幕戦。令和の初戦は7年ぶりに出場した国学院大が2時間9分58秒で、初優勝を飾った。トップの駒大と37秒差の4位でたすきを受け取った最終6区の土方英和主将(4年)が区間賞の激走で逆転し、3大駅伝初制覇の立役者となった。2位は駒大、3位は東洋大、4位は東海大。2連覇を狙った青学大は5位に終わった。

 雨上がりの出雲路に新風が吹いた。先頭でゴールを駆け抜けたのは、赤紫色のたすき、国学院大のアンカー土方だった。右手人さし指を突き上げ、満面の笑みでフィニッシュ。3大駅伝初優勝をつかみ取った。

 「後半はずっときつかったのですが、最後にゴールした瞬間、一気に疲れが吹き飛びました」

 トップと37秒差の4位でたすきを受けた。「(目標の)3位に押し上げる走りをしよう」とペースを上げると、先頭の駒大・中村大聖(4年)の背中が見えてきた。土方と中村は埼玉栄高の同級生。レース前には「バチバチにやろう」と言葉を交わした。一緒に練習した仲間だからこそ、後ろ姿で相手もきついとわかった。「いけるかもしれない」。ゴールまで残り約700メートルで一気に抜き去り、区間賞の走りでチームを勝利に導いた。

【続きを読む】

  • 初優勝を果たした国学院大アンカーの土方英和=出雲ドーム
  • 初優勝を果たした国学院大アンカーの土方英和=出雲ドーム
  • トップでゴールのテープを切る国学院大の土方選手=島根県出雲市
  • 第31回出雲全日本大学選抜駅伝成績
  • 国学院大・最近10年の大学3大駅伝成績
  • 最近10年の大学3大駅伝優勝校
  • 2位でゴールする駒大アンカーの中村大聖=出雲ドーム
  • 3位でゴールする東洋大アンカーの定方駿=出雲ドーム
  • 5位に終わった青学大アンカーの中村友哉=出雲ドーム