2019.10.14 19:03

3区で6人が区間新 東洋大・相沢、区間賞も「1位でたすきを渡したかった」/出雲駅伝

3区で6人が区間新 東洋大・相沢、区間賞も「1位でたすきを渡したかった」/出雲駅伝

 「大学三大駅伝」の初戦、出雲全日本大学選抜駅伝は14日、島根県の出雲大社前から出雲ドーム前までの6区間45・1キロで行われ、国学院大が2時間9分58秒で初優勝した。全日本大学駅伝、東京箱根間往復大学駅伝との三大駅伝でも初制覇となった。

 エース区間の3区は激戦が繰り広げられた。従来の区間最高記録は青学大の久保田が2015年にマークした24分11秒だったが、6人のランナーがこれを上回った。

 区間賞を獲得したのは東洋大4年の相沢。1月の箱根駅伝で往路優勝に貢献し、7月のユニバーシアード大会のハーフマラソンで金メダルに輝いたホープは「学生長距離界のエースの走りをしないといけないと思っていた。区間新はうれしいが、最後は1位でたすきを渡したかった」と悔しさものぞかせた。