2019.10.13 05:01

マブス・馬場、下部リーグへ Gリーグ傘下レジェンズ行き通告/NBA

マブス・馬場、下部リーグへ Gリーグ傘下レジェンズ行き通告/NBA

 NBA・オープン戦(11日=日本時間12日、米テキサス州ダラスほか)マーベリックスとエキシビット10契約を結んでいる馬場雄大(23)の下部Gリーグ傘下チーム、レジェンズ行きが11日、決まった。バックスとのオープン戦後に通告された。残り2試合のオープン戦には同行しない見通し。ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村塁(21)は115-99で勝った敵地ニューヨークでのニックス戦で、試合出場可能なメンバーに入らなかった。

 マーベリックスの馬場は過去2戦のように終盤に登場。1スチールを記録したが、3点シュートは「硬くなってしまった」とリングに嫌われた。試合後にネルソンGMに下部Gリーグ行きを告げられた。

 日本のBリーグ出身選手で初めてNBA球団と契約した。「個々の技術も半端ないし、メンタルやバスケに対する考え方もそう。ここに来ないと分からないことが分かった」。バックスと対戦したこの日は昨季の最優秀選手、G・アデトクンボの動きも目の当たりにした。「あれがMVP」とトップレベルを肌で感じ「同じコートに立てる日を楽しみにやっていくだけ」と刺激を受けた。

 今後はGリーグで技術を磨き、NBAの舞台を目指す。「数年後には絶対ここに来ます」と力強く宣言した。

エキシビット10契約

 開幕前のキャンプ参加を想定した契約形態で契約期間は1年間。開幕までに評価を高められればトップチームと下部Gリーグの傘下チームを行き来できるツーウエー契約に切り替えることができる。傘下チームと契約を結び直して60日連続で所属した場合は、最大5万ドル(約540万円)が受け取れる。