2019.10.12 10:31

入江陵介が優勝、松井浩亮2位/競泳

入江陵介が優勝、松井浩亮2位/競泳

 競泳のワールドカップ(W杯)は11日、ベルリンで行われ、男子200メートル背泳ぎは入江陵介(イトマン東進)が1分56秒46で制した。同50メートル自由形の松井浩亮(新潟医療福祉大職)は21秒93で2位だった。

 7月の世界選手権で男子200メートル平泳ぎ銅メダルの渡辺一平(トヨタ自動車)は100メートル平泳ぎで7位だった。(共同)