2019.10.12 12:10

吉川貴久氏が死去 射撃で東京五輪メダル

吉川貴久氏が死去 射撃で東京五輪メダル

特集:
東京五輪
死去した吉川貴久氏

死去した吉川貴久氏【拡大】

 1964年東京五輪の射撃男子フリーピストルで2大会連続となる銅メダルを獲得した吉川貴久(よしかわ・よしひさ)氏が12日午前2時3分、心不全のため福岡市内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。告別式は14日午前11時から福岡市中央区古小烏町70の1、ユウベル積善社福岡斎場で。喪主は妻清子(きよこ)さん。

 60年ローマ五輪で3位に入り、射撃競技で日本勢初のメダルを手にした。続く東京大会では自国開催の重圧と期待を背負いながら再び表彰台に立った。68年メキシコ、72年ミュンヘンの両五輪にも出場し、76年モントリオール大会では日本代表監督を務めた。