2019.10.12 01:56

萱、前半終えて6位 世界体操男子個人総合

萱、前半終えて6位 世界体操男子個人総合

男子個人総合決勝 床運動を終え、ガッツポーズする萱和磨=11日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)

男子個人総合決勝 床運動を終え、ガッツポーズする萱和磨=11日、ドイツ・シュツットガルト(撮影・川口良介)【拡大】

 体操の世界選手権第8日は11日、ドイツのシュツットガルトで男子個人総合決勝が行われ、昨年6位で床運動からスタートした萱和磨(セントラルスポーツ)は前半3種目を終え、43・166点で6位につけた。サミュエル・ミクラク(米国)が44・291点でトップ。

 予選で萱が4位、昨年3位のニキータ・ナゴルニー(ロシア)が1位で通過した。予選の得点は持ち越さない。(共同)

  • 男子個人総合決勝床運動の演技を終え、ガッツポーズする萱和磨=シュツットガルト(共同)
  • 男子個人総合決勝床運動の演技を終え、ガッツポーズする萱和磨=シュツットガルト(共同)