2019.10.11 05:01

貴ノ富士への引退勧告、有識者会議も協会に理解

貴ノ富士への引退勧告、有識者会議も協会に理解

 日本相撲協会から自主的な引退を促されている西十両5枚目の貴ノ富士(22)が11日、協会に対して何らかの意向を文書で回答する。昨年に続き付け人力士に暴力を振るい、9月末の理事会で自主引退を促された。だが、代理人弁護士をたて、受け入れを拒否。会見を開いて現役続行の希望を表明し、11日までに意向を示すことを明らかにしていた。

 この日、協会に設置された「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第3回会合が東京都内で開かれ、山内昌之委員長(東大名誉教授)、プロ野球ソフトバンクの王貞治会長らが出席。今回の暴力問題に言及し、同委員長は「(貴ノ富士には)厳しい意見で収れんされた。自主引退は円満で本人の将来的可能性に配慮されている」と協会の判断に理解を示した。