2019.10.6 21:16

平野夏海「2人で連覇し続けたい」 東京、前評判通り2冠/スポーツクライミング

平野夏海「2人で連覇し続けたい」 東京、前評判通り2冠/スポーツクライミング

少年女子ボルダリング決勝 優勝した東京・平野夏海。第1課題に挑む=鉾田市総合公園特設競技場

少年女子ボルダリング決勝 優勝した東京・平野夏海。第1課題に挑む=鉾田市総合公園特設競技場【拡大】

 国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第9日は6日、茨城県笠松運動公園陸上競技場などで行われ、スポーツクライミングの少年女子は、前評判が高かった世界ユース選手権メダリストペアの東京が2冠を達成した。個人順位は2種目とも世界選手権リード3位の森秋彩(茨城・つくば開成高)が首位だったが、幼なじみの2人が総合力で茨城を上回った。

 リードで森と違うルートで最高高度を稼いだ菊地咲希(世田谷総合高)は「(2種目で)優勝できてうれしい」。森と同じルートで個人2位の平野夏海(国士舘高)は「咲希ちゃんと楽しめた。2人で連覇し続けたい」と国体での目標を口にした。

  • 少年女子リード決勝優勝した東京・菊地咲希=鉾田市総合公園特設競技場
  • 少年女子リードで優勝し、グータッチする東京の平野夏海(左)と菊地咲希=鉾田市総合公園特設競技場
  • 少年女子リード決勝優勝した東京・平野夏海=鉾田市総合公園特設競技場
  • 少年女子リード決勝優勝した東京・平野夏海=鉾田市総合公園特設競技場
  • 少年女子リード決勝2位の茨城・森秋彩=鉾田市総合公園特設競技場