2019.9.26 18:39

鈴木雄介、高温多湿の消耗戦は「歩ききること念頭に」/陸上

鈴木雄介、高温多湿の消耗戦は「歩ききること念頭に」/陸上

 陸上の世界選手権(27日開幕、ドーハ)に出場する男子50キロ競歩代表が26日、当地で記者会見し、日本記録保持者でメダル獲得が期待される鈴木雄介(富士通)が「まずは50キロを歩き切ることを念頭に置きたい」と、高温多湿の条件下でのレースを見据えた。

 28日午後11時半に号砲は鳴るが、ドーハは夜でも気温30度を超え、湿度は80%近い。鈴木は「おとといは湿度90%で、サウナの中で練習しているのかというくらいだった」と体感を口にする。

 日本勢最上位のメダリストは2020年東京五輪代表に内定する。「(目標は)はっきりと金メダルとは言い切れない。暑い中でどれだけ力を使わず、ペースを自重できるか。後半を見据えたレースが大事」と表情を引き締めた。