2019.9.21 21:21

遠藤、際どい勝負に屈す 竹縄勝負審判「かかとが出たと思ったから手を挙げた」/秋場所

遠藤、際どい勝負に屈す 竹縄勝負審判「かかとが出たと思ったから手を挙げた」/秋場所

特集:
遠藤

 大相撲秋場所14日目(21日、両国国技館)遠藤が3敗の隠岐の海に敗れた一番は際どい勝負だった。隠岐の海の寄りを残した遠藤が、左下手投げで仕留めたと思われた。しかし、その前に遠藤の足が出ていたと竹縄勝負審判(元関脇栃乃洋)が判断し、行司に伝えた。

 館内は騒然。千秋楽に3敗の御嶽海戦が組まれた遠藤は支度部屋で終始無言だった。竹縄勝負審判は「かかとが出たと思ったから手を挙げた。それだけだ」と強い口調だった。

14日目結果へ千秋楽取組へ