2019.9.19 10:27

川内優輝「右代さんは人格者」/陸上

川内優輝「右代さんは人格者」/陸上

川内優輝選手

川内優輝選手【拡大】

 陸上男子十種競技の日本記録保持者、右代啓祐(33)=国士舘ク=の世界選手権(27日開幕、ドーハ)へのエントリーが承認されなかった問題について、世界選手権男子マラソン代表の川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=はツイッターで、「自分自身が大変な状況にも関わらず、他の日本代表選手や色々なことを考慮して、壮行会が終わるタイミングを待ってからツイートをした右代さんは人格者だと私は思います」とつづった。

 右代は4月のアジア選手権を制して出場資格を獲得。だが、国際陸連は一部種目の地域王者について「選手のレベルに基づいて承認するか判断する」とのただし書きを添えていた。日本陸連は把握していたが「一度も(適用の)事例がなかった」と日本代表の選考要項に明記せず、6月の日本選手権で勝った右代を世界選手権代表とした。

 世界選手権の十種競技の出場枠は24。参加標準記録(8200点)突破者や他地域の王者が優先され、今季最高が7872点の右代は漏れた。