2019.9.16 20:39

ディーン元気「あきらめず東京五輪出場を目指したい」/陸上

ディーン元気「あきらめず東京五輪出場を目指したい」/陸上

特集:
東京五輪
中学生用のやり投げを始投し、来場者を驚かすディーン元気=東京・東伏見(早大提供)

中学生用のやり投げを始投し、来場者を驚かすディーン元気=東京・東伏見(早大提供)【拡大】

 早大の体育部員による地域交流イベント「早稲田スポーツフェスタ」(サンケイスポーツなど後援)が16日、西東京市の同大東伏見キャンパスで開催され、約3000人が来場した。

 2012年初開催で、今回が8度目。あいにくの雨となったが、ライフルシューティングやキックターゲットなど屋内でスポーツを楽しんだ。

 バスケットボール女子日本代表候補の中田珠未(21)や、昨季のサッカー関東リーグを制した外池大亮監督らが参加。中田は「個人としては来年の東京五輪出場を目指したい。早大のリーグ戦、インカレ優勝にも貢献したい」と力強く語った。外池監督は「応援の力が、部員の力となっている」と感謝し、「秋季リーグに上位をめざして挑んでいく」と誓った。

 2012年ロンドン五輪陸上・やり投げ代表のディーン元気(ミズノ)は「ジャベリックスロー」(小中学生版のやり投げ)で“始投式”。やりは体育館の壁まで届き参加者を驚かせた。ディーンは「あきらめず東京五輪出場を目指したい」と話した。