2019.9.16 05:03(1/2ページ)

前田、独走V!高校時代は補欠も…天満屋監督“武冨マジック”で開花/MGC

前田、独走V!高校時代は補欠も…天満屋監督“武冨マジック”で開花/MGC

前田は大粒の汗を額に光らせて、聖徳記念絵画館をバックにフィニッシュを飾った (撮影・桐山弘太)

前田は大粒の汗を額に光らせて、聖徳記念絵画館をバックにフィニッシュを飾った (撮影・桐山弘太)【拡大】

 マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑いちょう並木発着)2020年東京五輪代表を決める一発選考会として行われ、女子は前田穂南(23)=天満屋=が2時間25分15秒で1位、鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が3分47秒遅れで2位となり、切符をつかんだ。

 苦しさで表情をゆがませながら、23歳の前田がトップでゴールした。レース後は立ちくらみからなかなか立ち上がることができなかったが、予想を超える暑さに打ち勝ち、東京の切符を手にした。

 「優勝を狙っていたのですごくうれしい。いつのまにか後ろの選手がいなくなってました。誰か来るかなと思って仕掛ける準備をしていたけど、来なかったです」

 2時間19分の高速ペースでレースがスタート。15キロすぎに前に出ると、20キロ地点で2位と2秒、25キロ地点でその差を38秒に広げ、独走態勢に入った。スペシャルドリンクに冷やしたタオルをつけ、こまめに体の汗を拭き取ったのも奏功。2位に3分47秒差をつけて圧勝も、ゴール後に脱水状態で病院に搬送されたほどの激走だった。

 大阪薫英女学院高の3年間は、全国高校駅伝で3年間補欠登録。当初は大学進学予定だったが「やるからには上で戦いたい」と、2000年シドニー五輪から4大会連続で代表選手(シドニー・山口衛里、アテネ・坂本直子、北京・中村友梨香、ロンドン・重友梨佐)を輩出した実業団の名門・天満屋の門を18歳でたたいた。トップ選手にもまれながら弱点だった体幹を鍛えたことで、長い手足を操り無駄のない理想のフォームが身についた。

【続きを読む】

  • 前田(左)は名将・武冨監督とガッチリと握手した
  • 15キロ付近の東京・浅草寺の雷門前を通過する(右から)前田穂南、安藤友香、小原怜、鈴木亜由子
  • 21キロ付近を力走する前田穂南=東京・銀座
  • 優勝した前田穂南=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)
  • 表彰式、(左から)女子2位の鈴木亜由子、女子1位の前田穂南、男子1位の中村匠吾、2位の服部勇馬=15日、東京・明治神宮外苑(納冨康撮影)
  • 表彰式で写真撮影に臨む(左から)鈴木亜由子、前田穂南、中村匠吾、服部勇馬=15日、東京・明治神宮外苑(撮影・川口良介)
  • 表彰式で写真撮影に臨む(左から)鈴木亜由子、前田穂南、中村匠吾、服部勇馬=15日、東京・明治神宮外苑(撮影・川口良介)
  • 優勝し東京五輪内定を決め会見する前田穂南=15日、東京・元赤坂の明治記念館(撮影・桐山弘太)
  • 2020年東京五輪のマラソン日本代表に決まり、笑顔で記者会見する女子で優勝した前田穂南=東京都港区
  • 優勝し東京五輪内定を決め会見する前田穂南=東京・元赤坂の明治記念館(撮影・桐山弘太)
  • 一斉にスタートする女子選手=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)
  • ゴール後、涙を流す松田瑞生=東京・明治神宮外苑(川口良介撮影)