2019.9.15 12:34

五輪サイト、羽生結弦は「堂々とシーズン初戦を制した」/フィギュア

五輪サイト、羽生結弦は「堂々とシーズン初戦を制した」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦
優勝し、撮影に応じる羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)

優勝し、撮影に応じる羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)【拡大】

 フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日は14日、カナダのオークビルで行われ、男子は冬季五輪2連覇で今季初戦の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)に続いて1位となるフリー180・67点、合計279・05点で優勝した。

 IOCが運営するオリンピックやアスリートなどの動画を配信する「オリンピックチャンネル」(電子版)は14日、「ユヅル・ハニュウ、堂々とオータム・クラシックス制する」との見出しで、「羽生は、2019~20年シーズンを優勝でスタートした。180・67点というスコアには満足していない様子だったが、それは計279・05点で1位になるには十分なものだった」と報じた。

  • 優勝し、日の丸を手に場内を回る羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • メダルセレモニーを終え、会場を出る際にポーズを決める羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子FS羽生結弦の演技=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子FS羽生結弦の演技=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 優勝し、メダルセレモニーに臨む羽生結弦(中央)=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)