2019.9.15 05:04(1/2ページ)

羽生、首位発進でも悔し転倒「いい加減、ショートで失敗するのやめなよ…」/フィギュア

羽生、首位発進でも悔し転倒「いい加減、ショートで失敗するのやめなよ…」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦
今季初戦のSPで首位発進した羽生。冒頭の4回転サルコーで転倒するも、立て直した (撮影・桐原正道)

今季初戦のSPで首位発進した羽生。冒頭の4回転サルコーで転倒するも、立て直した (撮影・桐原正道)【拡大】

 フィギュアアケート・オーダム・クラシック第2日(13日=日本時間14日、カナダ・オークビル)男子ショートプログラム(SP)は冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=が98・38点をマークし、首位に立った。冒頭の4回転サルコーは回転不足となり転倒したが、その後のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)、4回転-3回転の連続トーループは見事に成功させ、圧倒的な存在感を示した。フリーは14日(日本時間15日)に行われる。(ペン・武田千怜、カメラ・桐原正道)

 転倒した地点を、じっと見つめた。今季初戦の2分50秒を滑り終えた羽生が、唇をかむ。首位発進も、冒頭の4回転サルコー失敗に悔しさをにじませた。

 「世界選手権を引きずっていた。(サルコー)入る前には駄目でした。あっ、違うなと思った」

 楽曲は昨季と同じ「秋によせて」。3月の世界選手権でもSP冒頭の4回転サルコーが2回転になるミスがあり、結果的に銀メダルに終わった。6カ月前のミスが頭をよぎり、「考えすぎていた」と反省を口にした。

 しかし絶対王者はここから切り替える。続くトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は出来栄え点が3・68点、最後の4回転-3回転の連続トーループは同3・99点を引き出した。スピン、ステップも最高評価のレベル4をマーク。昨季よりも濃い青の新衣装を身にまとい、観客を酔わせた。

【続きを読む】

  • 今季初戦のSPで首位発進した羽生。冒頭の4回転サルコーで転倒するも、立て直した(撮影・桐原正道)
  • 男子FSを前に、公式練習に臨む羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子FSを前に、公式練習に臨む羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子SPで首位に立った羽生結弦=オークビル(共同)
  • 男子SPで首位に立った羽生結弦=オークビル(共同)
  • 男子SPで首位に立った羽生結弦=オークビル(共同)
  • 男子SPで演技を終えた羽生結弦=オークビル(共同)
  • 男子SPで演技を終え、観声に応える羽生結弦=オークビル(共同)
  • 男子SP羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子SP羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子SP羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)
  • 男子SPの演技前、集中する羽生結弦=カナダ・オークビル(撮影・桐原正道)