2019.9.15 11:40(1/2ページ)

【レース結果】前田穂南、独走Vで東京五輪代表!2位の鈴木亜由子も決定/MGC

【レース結果】

前田穂南、独走Vで東京五輪代表!2位の鈴木亜由子も決定/MGC

特集:
東京五輪
一斉にスタートする女子選手=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)

一斉にスタートする女子選手=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)【拡大】

 マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑発着)東京五輪のマラソン代表選考レース。女子は前田穂南(23)=天満屋=が優勝し、東京五輪代表に決まった。2位に鈴木亜由子(27)=日本郵政グループ=が入り、代表切符を手にした。

 身長166センチで手足が長く、軽やかに駆けた。前田は2017年8月の北海道を制し、女子一番乗りでMGC出場を決めた。計画的に筋力やスピードの強化を図ってきた2年間。悲願の五輪代表を目指し、成果の全てをレースにぶつけた。

 実業団で花開いた。強豪の大阪薫英女学院高出身だが、全国高校駅伝は3年間控え。1学年先輩でMGCでもライバルとなる松田瑞生(24)=ダイハツ=がエースとして活躍したのとは対照的に、都大路を1度も走ることはなかった。

 15年に天満屋に入り、徐々に力をつけた。17年1月に初マラソン。2戦目でMGCの切符を獲得すると、18年1月の大阪国際は自己記録の2時間23分48秒で、松田に次ぐ2位に入った。ここ2戦は故障や悪条件に苦しんだが、東京五輪代表に成長した。

【続きを読む】

  • スタートする福士加代子(右)、鈴木亜由子(左から2人目)ら女子出場選手たち=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)
  • 15キロ付近の東京・浅草寺の雷門前を通過する(右から)前田穂南、安藤友香、小原怜、鈴木亜由子
  • 優勝した前田穂南=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)
  • 2位に入り、2020年東京五輪の日本代表に決まった鈴木亜由子=東京・明治神宮外苑
  • 21キロ付近を力走する鈴木亜由子=東京・銀座
  • 2位でゴールした鈴木亜由子=東京・明治神宮外苑(川口良介撮影)