2019.9.15 11:05(1/2ページ)

【レース結果】中村匠吾、大波乱のレース制し東京五輪代表!2位の服部勇馬も決定/MGC

【レース結果】

中村匠吾、大波乱のレース制し東京五輪代表!2位の服部勇馬も決定/MGC

特集:
東京五輪
優勝した中村匠吾=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)

優勝した中村匠吾=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)【拡大】

 マラソングランドチャンピオンシップ(15日、明治神宮外苑発着)東京五輪のマラソン代表選考レース。昨秋のベルリンで4位に入った中村匠吾(26)=富士通=が2時間11分28秒で制し、東京五輪代表に決定した。2位に服部勇馬(25)=トヨタ自動車=が入り、代表切符を手にした。

 大波乱のレースで頂点に立った。前日本記録保持者の設楽悠太(27)=ホンダ=が独走し、15キロ地点で後続に2分13秒差をつけたが、30キロ以降に失速。37キロ過ぎに2位集団に飲み込まれた。中村は40キロ以降、昨年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑(28)=ナイキ、同12月の福岡国際を制した服部とのマッチレースを制した。

【続きを読む】

  • スタートする大迫傑(右)ら男子選手=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)
  • 27キロ付近を力走する(右から)中村匠吾、大迫傑、服部勇馬ら=東京・銀座
  • 21キロ付近を力走する大迫傑(左)、鈴木健吾(右)ら=東京・銀座
  • 水道橋駅前を力走する設楽悠太=東京都文京区(撮影・山田喜貴)
  • 序盤から先頭にでた設楽悠太=東京・明治神宮外苑(撮影・鈴木健児)
  • スタートする大迫傑(右から3人目)ら男子選手=東京・明治神宮外苑(撮影・桐山弘太)