2019.9.14 20:57

佐藤成葉「ここまでいっぱい負けてきた」 冷静に経験生かし2冠/陸上

佐藤成葉「ここまでいっぱい負けてきた」 冷静に経験生かし2冠/陸上

女子5000メートル 15分47秒07で優勝した佐藤成葉(右)=岐阜長良川競技場

女子5000メートル 15分47秒07で優勝した佐藤成葉(右)=岐阜長良川競技場【拡大】

 陸上の日本学生対校選手権第3日は14日、岐阜長良川競技場で行われ、女子5000メートルは佐藤成葉(立命大)が15分47秒07で優勝し、1万メートルとの2冠とした。

 女子5000メートルの佐藤は1万メートルに続いて優勝した。スローペースから逃げにかかった五島(中大)を冷静に追って先頭に立ち「ここまでいっぱい負けてきた。そういう経験を生かすことができた」と胸を張った。

 立命大は駅伝の強豪だが、佐藤が入学した2016年から全日本大学女子駅伝の優勝を逃している。名城大が2連覇中で「王者の立命館を知って入ってきた。チームみんなの中に日本一になる気持ちがある」と、雪辱を誓った。

  • 女子5000メートルで優勝し、表彰台で笑顔の佐藤成葉=岐阜長良川競技場