2019.9.13 10:05

辻内彩野、百点満点のメダル「悔しさぶつけられた」 パラ競泳

辻内彩野、百点満点のメダル「悔しさぶつけられた」 パラ競泳

女子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB13)で銅メダルを獲得し、声援に応える辻内彩野=ロンドン(共同)

女子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB13)で銅メダルを獲得し、声援に応える辻内彩野=ロンドン(共同)【拡大】

 東京パラリンピックの出場枠が懸かるパラ競泳の世界選手権第4日は12日、ロンドンで各種目の決勝が行われ、女子100メートル平泳ぎ(視覚障害SB13)では辻内彩野(三菱商事)が3位となり、今大会初のメダルを獲得した。

 辻内は冷静なレース運びが光った。前半で体力を温存し、終盤に勝負をかける作戦が奏功。残り50メートルから一つ順位を上げ「自分らしい後半に強い泳ぎができればと思った」と胸を張った。

 メダル獲得を目指した前日の100メートル自由形では4位に甘んじ、涙をにじませていた。「本来取れるべき種目で取れなかった。その悔しさをぶつけられたので、百点満点」と満面の笑みだった。(共同)