2019.9.13 20:54

大栄翔、初金星に「夢のようだ。自信になる一番」/秋場所

大栄翔、初金星に「夢のようだ。自信になる一番」/秋場所

大栄翔(左)に押し出された鶴竜=両国国技館(撮影・土谷創造)

大栄翔(左)に押し出された鶴竜=両国国技館(撮影・土谷創造)【拡大】

 大相撲秋場所6日目(13日、両国国技館)25歳の大栄翔が激しい突き、押しで鶴竜を撃破。対横綱11戦目で初金星を挙げ「今までで一番うれしい。夢のようだ。自信になる一番」と余韻に浸った。

 同じ時津風一門の鶴竜には場所前の連合稽古で胸を借りるなど、普段から稽古をつけてもらっている。この日ははたきをこらえ、持ち味を存分に発揮。「無我夢中で覚えていない。相撲界でいう恩返しができて良かった」と声を弾ませた。

 三役や三賞の経験がなくて地味な印象だが、埼玉栄高時代から期待されていた。「今は三役に上がることが一番の目標」。殊勲の勝利を飛躍のきっかけとできるか。

6日目結果へ7日目取組へ