2019.9.13 05:00

鶴竜、初黒星に反省しきり「投げにいったことが一番よくない」/秋場所

鶴竜、初黒星に反省しきり「投げにいったことが一番よくない」/秋場所

支度部屋に引き揚げる鶴竜=両国国技館(撮影・矢島康弘)

支度部屋に引き揚げる鶴竜=両国国技館(撮影・矢島康弘)【拡大】

 大相撲秋場所5日目(12日、両国国技館、観衆=1万936)横綱鶴竜が、朝乃山に寄り切られて初黒星を喫した。互いに得意の右四つに組んだが、胸を合わすことを嫌った横綱が2度の下手投げを打って自らの体勢を崩してしまった。支度部屋では「投げにいったことが一番よくない。早く勝負を決めようとした選択がまずかった」と反省しきり。白鵬の途中休場により、一人横綱の重責を担う。2場所連続優勝へ向け、「もう一回、自分の相撲に集中する」と気を引き締めた。

5日目結果へ6日目取組へ