2019.9.13 18:45

自信みなぎる太田と文田「試合の1分前にスイッチが入る」/レスリング

自信みなぎる太田と文田「試合の1分前にスイッチが入る」/レスリング

 レスリングの東京五輪予選を兼ねた世界選手権は14日、カザフスタンのヌルスルタンで開幕する。初日は男子グレコローマンスタイルで五輪では実施しない4階級が準決勝まで行われ、2016年リオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(ALSOK)が63キロ級で臨む。

 13日に日本勢は男子グレコで2年ぶりの世界一を目指す60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)や太田らが試合会場に隣接した練習場で調整した。

 日本勢で先陣を切る男子グレコローマンスタイル代表が軽めの調整で汗を流した。14日に登場する63キロ級の太田は「まだ気合は入っていない。試合の1分前にスイッチが入る」と自信がみなぎっていた。

 2年前に世界一になった60キロ級の文田はコーチに投げ技を決めて笑顔を見せるなどリラックスした様子。「今までの試合の中でもトップを争うぐらいの調子。テンションは上がっています」と順調な仕上がりを口にした。(共同)