2019.9.13 16:41

当銘、大城組が7位 東京五輪のカヌー・テスト大会

当銘、大城組が7位 東京五輪のカヌー・テスト大会

特集:
東京五輪
男子カナディアンペア1000メートル決勝 7位に入った大城(左)、当銘組=海の森水上競技場

男子カナディアンペア1000メートル決勝 7位に入った大城(左)、当銘組=海の森水上競技場【拡大】

 カヌー・スプリントの東京五輪テスト大会が13日、海の森水上競技場(東京都内臨海部)で行われ、男子カナディアンペア1000メートル決勝で当銘孝仁(三条市スポーツ協会)大城海輝(四日市協会)組が7位に入った。

 向かい風の中、パワーで勝る外国勢に次第に差を広げられた。当銘は「前半は食らいつけた部分があったが、後半はパドリングが若干弱くなった」と振り返り、大城は「フィジカルの差が後半に出た」と課題を挙げた。

 2人は五輪出場枠が懸かる来年3月のアジア選手権(タイ)でもペアを組む可能性がある。五輪コースについて、当銘は「いい印象しかない。会場の雰囲気やコースの風の感じが分かったので良かった」と述べ、大城も「うねりは全然ない。こぎづらさなどはない」と感想を話した。