2019.9.13 05:02

「羽生は過去最高」オーサー・コーチが仕上がりに太鼓判/フィギュア

「羽生は過去最高」オーサー・コーチが仕上がりに太鼓判/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦
羽生結弦

羽生結弦【拡大】

 【オークビル(カナダ)11日(日本時間12日)=武田千怜】フィギュアスケートのオータム・クラシックは12日(同13日)、当地で開幕する。男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=は13日(同14日)にショートプログラム(SP)を迎える。注目の今季初戦を前に、指導するブライアン・オーサー・コーチ(57)は「シーズンの最初では過去最高の状態」と仕上がりの良さを強調した。

 SP、フリーともに今季のプログラムを明かしていない羽生が、どんな演技を披露するのか。ファンの誰もが注目する13日(同14日)のシーズン初戦を前に、期待の高まる知らせが届いた。会場を訪れたオーサー・コーチが、教え子の仕上がりに太鼓判を押した。

 「(羽生は)とても調子がいい。シーズンの最初では過去最高の状態。ケガもなく、順調に練習を積めている」

 右足首のけがで4月の世界国別対抗戦(福岡)を欠場した羽生にとって、3月の世界選手権(埼玉)以来、約6カ月ぶりの実戦となる。史上初の成功を目指すクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)の導入について、同コーチは「それは彼(羽生)に聞いてほしい」とかわしたが、高難度のジャンプは「4回転ルッツは良い状態で、4回転ループもいい」と好調ぶりをアピールした。

 12日(同13日)に公式練習を行う羽生はこの日、会場に姿を見せなかったが、周辺には登場を待ちきれないファンであふれた。5季連続でシーズン初戦に選んだオータム・クラシック。心強い応援を味方に、新たなシーズンへ踏み出す。

  • 羽生結弦・今後の主な出場予定大会
  • 羽生結弦・シニア転向後の年度別シーズン初戦成績