2019.9.13 05:00

【男女マラソン五輪へいざ決戦】松田瑞生、モットーは「やる気!根気!元気!瑞生!」

【男女マラソン五輪へいざ決戦】

松田瑞生、モットーは「やる気!根気!元気!瑞生!」

松田瑞生

松田瑞生【拡大】

 女子で軸になりそうなのが松田瑞生(ダイハツ)だ。過去出場したマラソン2戦は日本人に負けていない。モットーを問われると「やる気!根気!元気!瑞生!」と答える24歳。「自信を持ってスタートラインに立てるようにしたい」と言葉に力を込めた。

 1万メートルで2017年の世界選手権に出場。マラソン転向初戦だった18年1月の大阪国際を2時間22分44秒の好タイムで制し、ヒロイン候補に名乗りを上げた。

 小学校では柔道に取り組んだ経験もあり、強靱(きょうじん)な体幹が力強い走りを支える。疲れてくると上体が反る悪癖を防ごうと鍛えてきた腹筋は、すっかりトレードマークに。合宿期は1日1000回の腹筋トレーニングを行うそうで「走るよりも重点を置いている」と笑った。重ねた努力を「悔いの残らないように」と大一番にぶつける。

松田 瑞生(まつだ・みずき)

 1995(平成5)年5月31日生まれ、24歳。大阪市出身。大阪薫英女学院高からダイハツに進む。1万メートルで17年の世界選手権代表。初マラソンだった18年の大阪国際女子を2時間22分44秒の好記録で制した。158センチ、46キロ。