2019.9.12 21:15

朝乃山、はじめしゃちょーに会いたい!鶴竜撃破の初金星/秋場所

朝乃山、はじめしゃちょーに会いたい!鶴竜撃破の初金星/秋場所

鶴竜を寄り切りで敗った朝乃山=両国国技館(撮影・矢島康弘)

鶴竜を寄り切りで敗った朝乃山=両国国技館(撮影・矢島康弘)【拡大】

 西前頭2枚目の朝乃山(25)が大相撲秋場所5日目の12日、横綱鶴竜(34)を2度目の挑戦で寄り切った。初金星で幕内通算100勝目をあげ、館内に座布団を舞わせた。

 前に、前に出続けた。朝乃山は右を差し、相手の投げに乗じて左上手もがっちり。防戦一方の鶴竜が土俵際で苦し紛れの下手投げに左足は浮いたが、動じない。そのまま力強く寄り切った。

 支度部屋。大勢の報道陣に囲まれ、座布団が舞う光景については「気にしていなかったですね」と話し、初金星についても「金星というより、横綱相手に前に出て自分の相撲がとれて勝てたことがよかった」と、どこまでも冷静だった。

 節目の白星を横綱撃破で成し遂げ、2敗を守る。全勝が貴景勝と隠岐の海だけという混戦模様で、まだ5日目が終わったところ。勝ち負けに一喜一憂せず、集中力を高めていけば主役に躍り出る可能性は十分ある。“台風の目”になれば、場所後の夢プランも実現するかもしれない。

 今場所から人気ユーチューバー「はじめしゃちょー」が、同郷の富山県出身の朝乃山の取組に15日間通しで懸賞を懸けた。ユーチューバーによる懸賞は初だ。面識はないというが、「うれしいですよ。スポーツで(富山出身者は)八村選手とか、馬場選手(ともにバスケットボール男子日本代表)。柔道だと向選手がいますけど、懸賞金を出してもらえるのは相撲だけ。かけてもらってうれしいですね」と朝乃山は感謝し、「場所終わったら、食事にいきたいですねえ。いけるかな?」と夢の対面に胸躍らせている。

 故郷・富山の縁でつながったサポートも力に変えて、きょう6日目は大関豪栄道に挑む。