2019.9.12 11:12

紀平梨花、3回転半高確率で成功 4回転「迷っている」/フィギュア

紀平梨花、3回転半高確率で成功 4回転「迷っている」/フィギュア

特集:
紀平梨花
フィギュアスケートのオータム・クラシックへ向け、試合会場で調整する紀平梨花=オークビル(共同)

フィギュアスケートのオータム・クラシックへ向け、試合会場で調整する紀平梨花=オークビル(共同)【拡大】

 フィギュアスケートのオータム・クラシックは12日(日本時間13日)、カナダのオークビルで開幕する。女子の紀平梨花(関大KFSC)は11日、ショートプログラム(SP)へ向けて試合会場で調整し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を高確率で成功させて今季初戦へ好調ぶりを示した。

 昨季のグランプリ(GP)ファイナル覇者で17歳の紀平は、先週に左足を軽く痛めたという。しかし、新SP「ブレックファスト・イン・バグダッド」の曲をかけた練習で冒頭の3回転半など三つのジャンプ全てを決め「もっと自分の感覚を整えてから試合に挑みたい」と気を引き締めた。

 フリーで跳ぶか注目される大技の4回転サルコーについては「3回転サルコーがはまらないことが多い。まだ迷っている」と慎重に話した。

 男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)は、13日にSPを迎える。(共同)

  • フィギュアスケートのオータム・クラシックへ向け、試合会場で調整する紀平梨花=オークビル(共同)