2019.8.29 21:58

高橋大輔が今季SP初披露「表彰台を目指してやっていけたら」/フィギュア

高橋大輔が今季SP初披露「表彰台を目指してやっていけたら」/フィギュア

特集:
高橋大輔
フレンズオンアイスの公開リハーサルを終えた(左から)高橋大輔、荒川静香、宇野昌磨

フレンズオンアイスの公開リハーサルを終えた(左から)高橋大輔、荒川静香、宇野昌磨【拡大】

 フィギュアスケートのアイスショー「フレンズオンアイス」のリハーサルが29日、横浜市内で公開された。

 昨季現役復帰した男子の高橋大輔(33)=関大KFSC=は、歌手のビヨンセなどの振り付けを行ってきたシェリル・ムラカミ氏に依頼した新しいショートプログラム(SP)を初披露。「ザ・フェニックス」の音楽に乗り、黒のタンクトップにタイトな黒パンツを身につけ、冒頭から激しい動きを見せた。

 演技途中には体力の限界を感じたのか、首を振って演技を中断する場面もあり「33歳のおじさんが頑張っている姿を見てもらえれば」と苦笑い。体力を消耗する内容のため、ジャンプは昨季のSPと同じ構成で挑むという。

 また、今季はチャレンジャーシリーズ、西日本選手権、全日本選手権の最大3試合に出場する考えがあることも明かし「先シーズンはうまくいきすぎた。今年は表彰台を目指してやっていけたらいい」と目標を口にした。

 この日は宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、坂本花織(19)=シスメックス=も演技を披露。宇野は昨季からエキシビションで演じるアップテンポの「グレート・スピリット」をSP用にアレンジ。「点数よりもまだやってこなかったもの、自分のスケートを見つけたい」と、このプログラムに挑戦する意図を明かした。

  • 公開リハーサルで演技する高橋大輔=コーセー新横浜スケートセンター
  • 公開リハーサルで演技する高橋大輔=コーセー新横浜スケートセンター
  • 公開リハーサルで演技する高橋大輔=新横浜スケートセンター
  • 公開リハーサルで演技する宇野昌磨=コーセー新横浜スケートセンター