2019.8.26 05:03(1/2ページ)

ナガマツ、フクヒロ破り日本勢史上初の連覇!タカマツ抜いた/バドミントン

ナガマツ、フクヒロ破り日本勢史上初の連覇!タカマツ抜いた/バドミントン

喜びをかみしめる永原(左)、松本組とうなだれる福島、広田組(奥)。日本勢による決勝で明暗が分かれた (共同)

喜びをかみしめる永原(左)、松本組とうなだれる福島、広田組(奥)。日本勢による決勝で明暗が分かれた (共同)【拡大】

 バドミントン・世界選手権最終日(25日、スイス・バーゼル)決勝が行われ、女子ダブルスの永原和可那(23)、松本麻佑(24)=北都銀行=組、男子シングルスの桃田賢斗(24)=NTT東日本=がそろって2連覇を飾った。日本勢の連覇は初。永原、松本組に敗れた福島由紀(26)、広田彩花(25)=アメリカンベイプ岐阜=組、女子シングルスの奥原希望(24)=太陽ホールディングス、男子ダブルスの保木卓朗(24)、小林優吾(24)=トナミ運輸=組はそれぞれ準優勝。日本勢は初の全5種目表彰台を達成し、昨年に並ぶ最多6個のメダル獲得となった。

 永原のドロップショットが相手コートに沈んだ瞬間、「ナガマツ」ペアが日本勢初の2年連続世界女王に輝いた。松本は両手を突き上げて喜びを爆発させ、コート上に崩れ落ちた永原を起こすと抱き合って健闘をたたえた。

 「まさか2連覇できると思っていなかった。本当にうれしい気持ちでいっぱい」と永原。松本は「昨年は優勝を見ずに一戦一戦、戦い抜いた結果。今年はこの世界選手権優勝に向けて1年間調整してきたので、そこは大きな違い」と誇らしげだった。

 最終ゲームで20-15とリードしながら、「フクヒロ」こと福島、広田組からあと1点が奪えずに6連続失点でマッチポイントを握られた。しかし窮地で前回女王は揺るがない。長身ペアはそこから3連続得点して相手を振り切り、土壇場で底力を発揮した。

【続きを読む】

  • 2連覇を飾った永原(右から2人目)、松本組と3年連続銀メダルの福島(左から2人目)、広田組。紙一重の勝負を演じた(共同)
  • 女子ダブルスで福島、広田組を破って優勝し、金メダルを手に笑顔の永原(左)、松本組=バーゼル(共同)
  • 福島、広田組からポイントを奪いタッチする永原(右)、松本組=バーゼル(共同)
  • 福島、広田組と対戦する永原(右)、松本組=バーゼル(共同)
  • 永原、松本組と対戦する福島(右)、広田組=バーゼル(共同)
  • 永原、松本組と対戦する福島(上)、広田組=バーゼル(共同)
  • 女子ダブルス決勝永原、松本組にポイントを奪われた福島(下)、広田組=バーゼル(共同)
  • 男子ダブルス決勝、インドネシアのペアに敗れた保木(右)、小林組=バーゼル(共同)
  • 男子ダブルスで銀メダルを獲得した保木(右)、小林組=バーゼル(共同)
  • 混合ダブルスで銅メダルを獲得し、表彰式で笑顔の渡辺(右)、東野組=バーゼル(共同)
  • バドミントンの世界選手権男子シングルスで優勝し、金メダルを持ち笑顔の桃田賢斗。日本勢初となる2連覇を達成した=スイスのバーゼル(共同)
  • 女子シングルスで銀メダルとなり、表彰式で涙を拭く奥原希望=バーゼル(共同)