2019.8.26 15:36

佐藤凌、2日連続大会出場「思ったより疲労もなかった」/陸上

佐藤凌、2日連続大会出場「思ったより疲労もなかった」/陸上

 陸上の国際大会は25日、マドリードで行われ、男子走り高跳びの佐藤凌(東日印刷)は2メートル22で2位、衛藤昂(味の素AGF)も2メートル22で8位だった。

 男子走り高跳びの佐藤は2日連続の大会出場という強行軍。しかも、予定していた航空便に乗れないアクシデントにも見舞われた。

 24日にパリでダイヤモンドリーグ第12戦に出場し、2メートル23で7位。25日朝に空港に到着したが、搭乗口でうとうとと寝入ってしまい、乗り損なったという。急きょ別の便を確保し、慌ただしくマドリードへやってきた。結果は2メートル22で2位。「こういう経験をしたので、逆にいいジャンプができると開き直った。思ったより疲労もなかった」と笑い飛ばした。(共同)