2019.8.25 21:55

奥原希望、2年ぶりVならず…因縁のプサルラにストレート負け/バドミントン

奥原希望、2年ぶりVならず…因縁のプサルラにストレート負け/バドミントン

女子シングルスで銀メダルとなり、表彰式で涙を拭く奥原希望=バーゼル(共同)

女子シングルスで銀メダルとなり、表彰式で涙を拭く奥原希望=バーゼル(共同)【拡大】

 バドミントン・世界選手権最終日(25日、スイス・バーゼル)決勝が行われ、女子シングルスで奥原希望(24)=太陽ホールディングス=は、2016年リオデジャネイロ五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)に7-21、7-21で敗れ、初優勝した17年以来2年ぶりの金メダル獲得はならなかった。

 プサルラとは2年前の決勝でも激突。1時間50分の激闘の末に競り勝って奥原が初優勝したが、この日はストレート負け。因縁のライバルの前に涙を飲んだ。

  • 女子シングルスで獲得した銀メダルを持つ奥原希望=バーゼル(共同)
  • インド選手と対戦する奥原希望=バーゼル(共同)
  • インド選手と対戦する奥原希望=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス決勝インド選手にポイントを奪われた奥原希望=バーゼル(共同)
  • インド選手にポイントを奪われうつむく奥原希望=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス決勝シンドゥ・プサルラ(右)に敗れた奥原希望=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス決勝シンドゥ・プサルラに敗れた奥原希望=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス決勝シンドゥ・プサルラ(上)に敗れ、うつむく奥原希望=バーゼル(共同)