2019.8.25 09:03

鈴木亜弥子、世界1位の貫禄「いろいろ試せて良かった」 パラバド世界選手権

鈴木亜弥子、世界1位の貫禄「いろいろ試せて良かった」 パラバド世界選手権

女子シングルス(上肢障害SU5)準決勝で勝利し、引き揚げる鈴木亜弥子=バーゼル(共同)

女子シングルス(上肢障害SU5)準決勝で勝利し、引き揚げる鈴木亜弥子=バーゼル(共同)【拡大】

 来年の東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの世界選手権第5日は24日、スイスのバーゼルで各種目の準決勝などが行われ、女子シングルスで上肢障害SU5クラス世界ランキング1位の鈴木亜弥子(七十七銀行)、車いすWH1クラスの里見紗李奈(NTT都市開発)が25日の決勝に進んだ。

 2大会連続優勝を狙う鈴木は同8位の亀山との日本人対決を制した。21-10、21-14で圧倒し「点数が離れたからこそ、いろいろやってみることもできた。いろいろ試せて良かった」と貫禄を漂わせた。

 健常者の世界選手権と初めての同時開催で、決勝だけは同じメインホールのコートで行われる。「初めての会場なので、早く空間の感覚をつかんで勝ちにいきたい」と気持ちを高ぶらせた。(共同)

  • 女子シングルス(上肢障害SU5)準々決勝プレーする鈴木亜弥子=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス(上肢障害SU5)準々決勝プレーする鈴木亜弥子=バーゼル(共同)