2019.8.25 09:03

鈴木、里見が決勝へ パラバド世界選手権

鈴木、里見が決勝へ パラバド世界選手権

女子シングルス(上肢障害SU5)準々決勝 プレーする鈴木亜弥子=バーゼル(共同)

女子シングルス(上肢障害SU5)準々決勝 プレーする鈴木亜弥子=バーゼル(共同)【拡大】

 来年の東京パラリンピックで初採用されるパラバドミントンの世界選手権第5日は24日、スイスのバーゼルで各種目の準決勝などが行われ、女子シングルスで上肢障害SU5クラス世界ランキング1位の鈴木亜弥子(七十七銀行)、車いすWH1クラスの里見紗李奈(NTT都市開発)が25日の決勝に進んだ。

 シングルスでSU5クラス女子の亀山楓(高速)、車いすWH2クラスで男子の渡辺敦也(アキレス)、女子の小倉理恵(ブリヂストン)、ダブルスで下肢障害SL3-SU5クラス女子の伊藤則子(中日新聞)鈴木組、山田麻美(LAVA International)亀山組、混合の末永敏明(昭和電工)杉野明子(ヤフー)組、車いす男子の長島理(LIXIL)渡辺組、女子の福家育美(ダイハツ工業)小倉組はいずれも準決勝で敗れ、大会は3位決定戦がないため銅メダル。

 車いす女子ダブルス世界ランキング1位の里見、山崎悠麻(NTT都市開発)組は山崎の体調不良で準決勝を棄権した。(共同)

鈴木亜弥子の話「決勝に来るまでが最低ラインの目標だった。準決勝は点数が離れたからこそ、いろいろやってみることもできた。アウトにしたのもあるけど、いろいろ試せて良かった」

里見紗李奈の話「まさか決勝に行けるとは思っていなかったのでびっくりしているけど、すごくうれしい。決勝の舞台で戦えるのは本当にすごいこと。みんなの気持ちも背負って優勝できたら」

  • 女子シングルス(上肢障害SU5)準々決勝プレーする鈴木亜弥子=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス(上肢障害SU5)準決勝で勝利し、引き揚げる鈴木亜弥子=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス(車いすWH1)準決勝プレーする里見紗李奈=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス(車いすWH1)準決勝プレーする里見紗李奈=バーゼル(共同)
  • 女子シングルス(車いすWH1)準決勝プレーする里見紗李奈=バーゼル(共同)